スキンケアの効果には個人差がある
 
判断の目安
新しいスキンケア用品を使い始めるタイミングとしては生理が終わった後のホルモンバランスが整っている時期が良いと言われています。このような時期は肌の状態も落ち着いているのでスキンケア用品が自分に合うかどうか、効果があるかどうかを適切に判断することができるのです。

また、効果があるかどうかを感じるためにはすぐには判断することが難しいです。お試しキットやサンプルとして配布されるものは3日分ほどのものや一週間分のものが多く、これだけでは効果が期待できるかということは判断が難しいことがほとんどです。自分に合っている、使い心地が良いといった判断はできても気になる部分を解消できたり効果が出たりということはなかなか判断ができません。

肌のターンオーバー周期は正常な場合には28日ですからだいたい1か月ほど様子を見ないとシミやしわが軽減されたりくすみが取れたりといった効果は感じられないことがほとんどです。特に美白となればさらに効果が感じられるまで期間が長く、最短でも60日、長いと90日ほどかかると言われています。そのため、すぐに効果が出ないからといって使うのを停止するのは正しい判断とは言えません。化粧水であれば1本使いきってから判断をすることが望ましいのです。ある程度の期間使用したうえで効果の可否は判断する必要があります。


 


  Copyright©2017 スキンケアの効果には個人差がある All Rights Reserved.